【ポケモンBDSP】待望のダイパリメイク!なぜ炎上?理由をまとめてみた

待望のダイパリメイクが炎上気味?グラフィックがひどい?

多くのポケモンファンやダイパ世代が待ち望んでいた「ダイヤモンド・パール」のリメイク作品ですが、発表を喜ぶ声と同時にリメイク作品を残念がる声も多く上がりました。

今回はダイパリメイクが炎上気味な理由と、残念がられている点をまとめてみました。

2021年2月27日(土)についに『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』をリメイクしたNintendo Switch向けの新作『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』が発表されました。

待望のダイパリメイクがなぜ炎上?理由をまとめてみた

ダイパリメイクが炎上気味と言われる理由ですが、大きく以下の2つ点が不満の声として上がっていることがわかりました。

  • グラフィック、2頭身
  • 開発が外注

グラフィックがひどい?

ダイパリメイクに対しての声について、特に多かったのがグラフィックに関する点です。

あの頃自分たちが熱狂したゲームが、ポケモン剣盾の(最新の)グラフィックで楽しめる!」と思っていた人にとっては、確かに残念な点でした。

謎の場所を再現するため?

ダイヤモンド・パールには「なぞのばしょ」という隠し要素がありました。

ポケモンリーグの四天王の部屋の扉からなみのりをすると行ける場所で、正しい歩数で進むとダークライやシェイミのいる「しんげつじま」や「はなのらくえん」にたどり着けてしまうというものでした。

この「なぞのばしょ」を再現するためにはポケモン剣盾のようなリアルな頭身では正確な歩数が測れないため、2頭身になったのでは?という声もありました。

ダイパリメイクの開発が外注?

ダイパリメイクの開発先はゲームフリークではなく、「株式会社ILCA」になっています。

この点について不安に思う方が多く、炎上騒ぎに繋がったのではないかと推測されています。

株式会社ILCAさんはPokemon Homeの開発にも携わっているので心配はないとは思いますが、なぜダイパリメイクに関して急に外注する必要があったのか?は気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です