【ポケモンBDSP】ダイパリメイクでメガシンカは復活するのか予想してみた

ダイパリメイクでメガシンカは復活するのか?」という点を予想していきます。

ポケットモンスターの15周年を記念し、「ダイヤモンド・パール」のリメイク作が最新作品としてニンテンドースイッチにて登場するとの発表がありました。

タイトルは「ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」となっており、2021年の冬に発売となっています。

もしダイパリメイクにメガシンカが実装されるのであれば、シンオウ御三家のメガシンカ姿を想像するだけで激アツですよね。

前回のリメイク作の「オメガルビー・アルファサファイア」ではゲンシカイキとしてグラードン・カイオーガの新しい姿が追加されましたし、そうなるとダイパリメイクではディアルガ・パルキアの新しい姿を期待してしまいます。

ダイパリメイクでメガシンカは復活するのか?

結論から言うとまだ公式にはなにも発表されていないため、実装されるかどうかはわからないという答えになってしまうのですが、

筆者の予想ではありますが、メガシンカが復活する可能性は低くはないのではないかと考えています。(願望込み)

なぜこの結論に至ったか、3つの理由をもとに経緯を解説していきたいと思います。

①過去作のリメイクでメガシンカ要素が実装されている

メガシンカのシステムが初めて追加されたのはポケモンXYシリーズですが、「ルビー・サファイア」のリメイク作である第6世代「オメガルビー・アルファサファイア」でもゲンシカイキという新要素を加え実装されています。

また、初代ポケモンのリメイク作品でもある「ポケモンレッツゴー(ピカブイ)」でも新要素である「メガシンカ」や「リージョンフォーム」が実装されていたことから、

リメイク作には新要素が実装されやすいといった傾向があることがわかります。

②シンオウ地方のナナカマド博士は「進化」に精通した人物である

ポケモンシリーズの『ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場する博士。

豊かな口髭を蓄えた老年の男性である。シンオウ地方のマサゴタウンに研究所を構えている。

ポケモンの進化に関する権威者であるらしく、「ポケモンの90%は進化に関係している」という説を唱えたのはこの人。

オーキド博士は大学時代の後輩にあたる他、メガシンカの研究をしているプラターヌ博士や、考古学者としてのシロナは彼の教え子である。

https://dic.pixiv.net


シンオウ地方のポケモン博士であるナナカマド博士は「進化」について研究をしている博士です。「ポケモンの90%は進化に関係している」という説を唱えた人物でもあります。

これがメガシンカ復活の伏線だったら面白いですね。

③増田さんのツイートにたびたびレックウザが登場している

※1枚目の写真のピカチュウの頭上にシルエットが・・!

みなさんもご存知の通り、メガシンカの起源はレックウザだとされています。ポケモン「オメガルビー・アルファサファイア」のエピソードデルタにて明かされています。

もしこのツイートが本当にメガシンカ復活への伏線だとしたら、ダイパリメイクでのメガシンカ復活の期待を高めずにはいられません。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です